生命保険を見直し

「保険なら入っているから大丈夫」。そう考えている人って意外と少なくないのでは? ところが、保険とうまく付き合っていくには、入りっぱなしではなく随時見直していくことが大切なんです! 長い人生、もしものことがあったときに必要な保障額は、そのときその人を取り巻く環境によって大きく変わってくるからです。とくに、必ず保険を見直してほしいのが「子どもが生まれたとき」と「マイホームを購入したとき」。それでは、なぜこのふたつのタイミングに見直しが必要なのか、詳しくみていきましょう。

まず、子どもが生まれたあと一家の大黒柱にもしものことがあったときのこと。残された家族は生活していく費用と子どもの教育費を工面する必要があります。極端な言い方をすれば、夫婦ふたりだけの家族なら残された方が仕事をして収入を得れば済む話。ところが、子どもが小さければ小さいほど、子育てをしながらひとり親が十分な収入を得るのは難しいのが現状です。その部分を保険でまかないましょう、ということです。これを考えると子どもが生まれたときにいちばん手厚い保障が必要で、子どもが成長するにつれ保障は減らしていってもOKといえますね。

一方、マイホームを購入したときのこと。ローンを組んでいれば、希望しようがしまいが必ず団体信用生命保険という保険に加入しています。これは、ローンの名義人にもしものことがあった場合、それ以降の支払いを保険がカバーしますというもの。いわゆるもうローンを払わなくてもいい状態になるのです。なので、それまでに入っている生命保険があれば、もしかしたら必要以上の保障額のために高い保険料を払ってしまっている可能性も……。マイホームを購入したときは、保険を見直すことで保険料ダウンが見込めるチャンスとも言えるのです。

そのほかには、結婚したときにもパートナーへの思いやりとして保険を見直してみるのもいいでしょう。また、保険会社の人にすすめられるままに加入した人、「保険金っていくら?」の問いにスラスラ答えられなかった人もぜひ見直しを検討してみましょう!

保険は時代とともに進化していくもの。世の中のニーズに合わせてどんどん新商品が出ているので、一度見直した後も定期的に見直しを行っていければベストですね。